読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25歳じゃなくても

突然わかってしまったのですが決定的な違いはあの子は同属嫌悪を抱いていない。

私は同属嫌悪が本当に凄くて、故に精神専門の病院がどうしても無理で。

7年通院している今の病院に勤務する理学療法士の元彼と別れた直後、あまり大きな病院ではなく少数精鋭って感じのところなので隔週の通院だと元彼にバッタリしてしまうことも多々あるし、ましてや入院なんかしたら毎日各部屋を回って老人相手にリハビリしたり(老人相手なので声が大きめだし病棟広くないのでめちゃくちゃ聞こえてくる)忙しそうに走り回っている姿を嫌でも目にしてしまう。

足音すら覚えているから気配を感じるのがとにかくつらい。

それが理由で一度病院を変えようとして精神専門のところに入院しようと予約もしていたけど、なんというか、待合室にいる人たちから漂う鬱々混沌とした空気が無理すぎて余計あたまおかしくなる!ってなって結局転院するのやめた。

 

今の病院は他の科もいくつかあって待合室にも自分みたいな人はめったにいないしほとんどがお年寄りだからまだ気が楽だし自分には合っているのだと思う。

入院しても一般病棟だから不安が押し寄せてきても看護師さんにはどうにも弱音を吐いたり頼ったりすることが出来ず、主治医にSOS出すことしかできないけど私の専属なわけではないのだからそれも遠慮してしまうし。

臨床心理士さんは時間に少し余裕ができた時、週2回くらいは部屋に顔出してくれて、なんか何喋っていたのか全然覚えていないけどベラベラとどうでも良さそうなことを喋っていた、私が。

 

病室が私のお城だったりしたけどいつまでもそんなこと繰り返すわけにもいかないし、じゃあ私はどうすればいいんだろう。

考え過ぎてもだめ、考えなさ過ぎてもだめ。

 

最近のお気に入りはInstagramのもすだよーさんです。